親の価値観だけでは子どもの多様性は育たないのはなぜ?

子育てをする上で親が気を付けたいのが、視野が狭くなっていないかどうか。
ことに現代は核家庭が多く、親の価値観や常識が子どもに大きく影響します。
更に、夫婦の意見が違ったり、話し合いがなされないままどちらか一方に育児の責任が押し付けられたりすると、子どもは戸惑ったり気を使ったりして日々を過ごすことになります。

また、親自身が他者からの手をこばみ、自分だけの価値観で子育てしようとするケースもあります。
そうなった場合、子どもは様々な価値観に触れる事ができないまま大人になりますし、親自身も子どもを育てるという大仕事を一人でこなさなければいけません。

子どもが多くの価値観に触れる事は、実はとても重要です。
社会には色んな人がいる。色んな考え方がある。価値観は人それぞれなんだ。
そうやって気付きながら成長することで、自分と違う価値観を持った人を受け入れ、その違いを楽しめる人間になっていきます。
親

逆に、親だけの価値観しか知らずに大きくなってしまうと、自分と違う人を許せなかったり、認める事ができない心の狭い大人になってしまいます。
人はそれぞれみんな違っていい。
それが当たり前だ。
そんな多様性を持って生きられれば、この世にいじめや差別は存在しないのかもしれませんね。

多様性を育むには多くの人との関りや学びが必要になります。
人の価値観に触れ、話を聴き、体感しながら学ぶ事が何より重要です。
そこで、今回は現役で活躍する3人のお母さんをお呼びして、「ママ友」「お母さんの夢」などのテーマでお話して頂きました。

プロコーチのみかみちゃん
価値観

プロコーチのあおいちゃん
多様性

不登校支援のかよちゃんかよちゃん
視野

三者三様。
たった3人しか集まっていないのに、その価値観も捉え方もそれぞれです。
今回は「ママ友」について話しましたが、その捉え方もそれぞれ。
「子どもが友達だから親も友達になれるとは限らない。」
「子どもが友達の家に遊びに行った時のルールは自分で決める。」
などなど、オリジナリティあふれる意見も多く出ました。

是非ご覧いただき、「あなたらしい子育て」を見つめなおして頂けると幸いです。
子育てに正解はありません。
あなたとそのご家族が笑顔で過ごせる環境を手に入れて下さいね。

ママ友って何?お母さんが自分を取り戻す動画

尚、この動画は、家事をしながらでも、移動中でも、イヤホン一つでお楽しみ頂けます。
どうぞ気楽にご視聴下さいませ。

(Visited 65 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です