お金の河川工事を学ぶより納得して生きる事が子育てに必須

YouTubeの動画編集も終わり、やっとブログに戻ってこれました。

きっと要領のいい人なら
「午前中はブログ、午後から編集。夜はゆっくりすればいい。」
なんて言いそうですが、決めてもその通りにいかないのが私です(笑)。そもそも計画したくない私。
「だからあなたは遅いんだよ。」
と、母にも言われてきましたが、納得してから次に行きたい私。どうしようもないですよね。たいし先生も「2パターンあります!」と言ってくれたので甘えます(笑)。(たいし先生との動画も近々アップします。)

なので、ブログYouTubeも量産型ではなく、「納得」を追求して「質」ではなく「自己満」全開で楽しもうと思います。

インプット30の生活

最近、インプット30に対してアウトプット70を意識しています。
本を読んだり、映画を見たり、YouTubeを見たりして感動や気づきがあった時は、とにかくノートに自分の解釈を書くようにしています。
気づきをくれた文言を転写するのではなく、自分の中でどう解釈したか。なのでインプットは抑え気味です。

少し前に見ていた外国ドラマの「クリミナルマインド」というFBI捜査官が異常犯罪をプロファイリングによって解決していくドラマは、ほぼ書くことはありませんでした。まぁ、言ったらただの刑事ものですから。
ただ、どの異常犯罪の犯人も幼いころの経験が引き金になっています。架空の話とは思いながらも、全てが全て幼少期の親からの仕打ちが心に異常な性癖や残虐性を芽生えさせている・・という部分は少々気になりました。

でも、そこを深堀りするのはやめにしました。今の私では受け止められる気がしません。迷宮に入り込みそうです。最終的に「人生とは」「真理とは」という大きなテーマになってしまいそうです。

私の中で繰り返される言葉

そんなインプット少なめの毎日の中で、私の頭の中で繰り返されている言葉たちがあります。色んな人の様々な言葉です。

・映画「フォレスト・ガンプ」
人生は運命によって決まっているのかもしれない。でも風に吹かれて翻弄されるようなものなのかもしれない。

・友達との会話
深く考えない分「分かった!」の感動が少ない。でも、深く考えるにはそれなりの疑問や苦しみが必要。

・岡田斗司夫さん
間違っててもいいから自分なりの結論を持つことが大事。 

・不明(忘れました)
金持ちほど心がきれいな人が多い。貧乏人ほどすさむ。貧乏は心も貧しくする。

これらを私の中で咀嚼して導き出した結論があります。それは「やりたいようにやって、生きたいように生きよう」でした。

お金の川

先日も友人と話していたのですが、
「人間はどうして空を見上げてぼんやりしたり、眠くなったら昼寝をしたりしてのんびり生きられなくなってしまったのか・・。」
そんな身も蓋も無いような事を考えました。

生きるためにはお金が必要。そんな社会だからですね。
人間には欲があります。おいしいものを食べたいし、いい景色も見たい。きれいな洋服も欲しければ大きな家にも住みたい。そんな欲を満たすのが「商売」「ビジネス」なので、まずはお金を稼ぐことが重要なスキルとなるわけです。

以前、「お金の川は誰の前にも流れている。誰でもその流れを自分の方に引き寄せることは可能だ」という話を聞いたことがあります。
その引き寄せ方、河川工事のやり方をみんなが模索しているように思います。

鎧の強化では心は強化されない

人が生きるためにお金を稼ごうとするのはしごく当たり前のこと。誰が何といってもお金は必要です。
ただ、楽して稼ぎたい。無駄な努力をしたくない。人より損な事にはなりたくない。そういった打算が働くので、どうしても「人の振りを見て」できるなら「答えを教えてもらおう」と考えてしまいます。

要するにお金の川を自分の敷地に流れ込ませる河川工事のやり方を、最速・低価格で教えてもらおうと考えます。
そこがポイントでした。
人から教えてもらうことは簡単ですが、それは鎧の部分。外側ですね。ノウハウや技術は教えてもらって、立派な肩書を持つことも可能ですが、心が同じように成長しているかというと疑問ですね。心は課題と向き合ってこそ成長していきます。鎧に見合う心にしなければいつまでも悩みはつきまとうでしょう。

スキル

きっとたいし先生が言う「理解出来たらそれをいくらでも応用できる人間」と「すべてを納得してから次に行きたい人間」で、その心を重要視するスタンスは変わってくるのでしょう。

ロボットにはなれない

私は冒頭でも書いたように、納得がとても重要です。
「こっちに来たらみんな成功するよ~。真似してればお金も儲かるよ~。」
と言われても、その行為をすることに喜びや満足が得られなければ納得することができません。

それを世間ではバカというのかもしれませんが、私の人生、納得して生きて行きたいだけなんですね。ロボットのように無心でいられたら、私はとっくに玉の輿の人生をおくっている事でしょう(笑)。

過去、納得して生きてきたかと振り返れば、まったくそんな事はありません。妥協、惰性、損得、我慢、馴れ合い、迎合。そんなものにまみれています。本当にもったいない事をしてしまいました。まぁ、そのお陰で今を大切に思えます。

間違ってもいいから自分の意見を持つ

この「納得」は子育てにおいて非常に重要です。
クリミナルマインドの話でもお伝えしましたが、幼少期の体験というのは心を歪めてしまいます。先日見たエルトン・ジョンの人生を描いた「ロケット・マン」という映画でも、エルトン・ジョンが幼少期に親から愛されなかった経験が人生を翻弄した様が描かれていました。

親自身が、人生に、仕事に、結婚に、子育てに「納得」している事が子育てに大きく影響します。そして、子ども自身も自分の疑問や憤りに一つ一つ「納得」を模索する時間が必要です。それが人生を丁寧に生きる姿勢に繋がります。

「オリジナリティとは間違ってもいいから自分の意見を持つことだ」
そう言った映画評論家の方がいました。
納得した答え。納得した意見。すべて自分の頭と心で導き出すものです。人から教えてもらってもそれは自分のものではない。

人生は実験

なので、私はまた実験に入ります(笑)。
自分の納得に従って、ブログもYouTubeも取り組みます。楽しくて仕方ないんですよ(笑)。

楽しいを貫くとどこへいけるのか・・・。来年の私はどんな風になっているのか・・・。
そしてそれを見ている子どもたちはどうなっているか・・・。
人生は実験です。本当にそう思います。
なので、これを読んでくれている方も、何か一つ実験を始めてもらえたらと思います。

納得に従う。
自分の「納得」です。
ぜひ、自分自身の「納得」を見つめなおしてくださいね。

という事で今日はこの辺で。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
ではまた。

(Visited 25 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です