昼夜逆転・不登校・人間関係・ヒステリー~質問に答えます

今までたくさんのお母さんたちとお話しした中で、色んなご質問やご相談を頂きました。

そんな昔のノートを引っ張り出して眺めていたところ、書き留めた質問に一から答えて行くという企画を思いつきYouTubeにアップしました。
「無敵の母さん子育て相談~10個の質問に答えよう!」と題して、10個の質問や相談をチョイスして私なりの返答を簡単にしています。

平成6年から始まった私の子育ても、今年で26年目を迎えます。私が満51歳なので人生の半分を子育てしている事になりますね・・。
失われた30年と言われる平成を結婚、出産、子育て、離婚・・果ては介護や起業、いじめや不登校、引っ越し等々まさに波乱万丈で過ごしてきました。
振り返ると無茶苦茶だったようにも思いますが、「いやぁ~頑張ったよね~。」という満足感もあります。
人間、がむしゃらで生きている方が充実しているのかもしれませんね。

現在、私はお母さんを応援するサロンを開いたり、人との違いを楽しむコミュニティを主催したりしています。
そんな中で、一人一人のお母さんたちが私に投げかけてくれたたくさんの声があります。
分からないなりに一生懸命子育てと向き合い、悩みながら答えを見つけようと相談してくれました。

ご質問頂くたびに、その都度お答えはしてきましたが、私も日々学びながら思考を掘り下げています。なので、昔の答えとは違ったものもあるかもしれないと、改めてお答え直しをしようと考えました。

動画で答えている質問は以下の通りです。

①子どもが理屈っぽくてあ~言えばこう言う。イライラしてすぐ喧嘩。
虐待
②上の子どもが不登校になり、その影響で舌の子も不登校に。
③子どもが友達とすぐ喧嘩をする。
④昼夜逆転の子どもが心配。
⑤人と本音で話せない。自分が嫌い。
⑥旦那がうざい。離婚したいが子どもがいるので悩んでいる。
⑦子どもの頃母親に言われた言葉に縛られている。
⑧子どもが不登校になり、勉強の遅れが心配。
⑨子どもが何をやっても続かない。
⑩すぐにヒステリックに子どもを怒ってしまう。

以上のラインナップです。
どれも3~5分程度で私なりの答えをお話ししています。

私の動画のコンセプトは「脱!常識」です。
時代が変われば常識も変わる。なので、子育てする親は常識を手放してこれからの時代を見据えた子育てをする必要に迫られています。

「同調圧力」に屈しない個性。
「常識」に合わせない人格形成。
「過去」に囚われない親子のスタイル。
そして、「正解を探す」のではなく「新たな道」を作れる創造力。

そこには「親離れ子離れ」や「独立した人格形成」などの、昔から必要とされている子育ての定石も必要になってきます。
新旧混合の子育て事情。
本当に、今の時代に子育てする親御さんは大変だと思います。

児童心理学の側面だけでも足りませんし、教育論だけでも足りません。
社会の流れや経済の動き、そんなものを見ながら子どもがIT革命の進む社会でいかに人生を歩いていけるか・・多種多様な視点を持って子育てを見つめる必要があります。

昭和に生まれた私が、今子育てに奮闘するお母さんに何を伝えて行けるかと言えば、ただ
「変化を怖がらないで。孤独を怖がらないで。」
という事でしょうか。
孤独にさいなまれ、人を遠ざけ、変わらない事を尊いと信じ続けた私が、過去を手放し、人を信頼し、まるで猫の目のように自分を変化させられるようになりました。
自分を変える事はほんの少しの勇気があれば変えられます。でも、独りぼっちだと不安ですよね。

なので、私の経験や学びの中から子育ての疑問にお答えして、もっと自由にもっと気楽に親子の関係を作って行ってもらえるようにほんの少しのアドバイスをさせてもらいました。

ただ、これはあくまでも私の考えです。
私の経験から導き出したものなので、全ての人に当てはまるものではありません。
動画を見て頂き、「じゃあ自分ならどう考えるだろう?」という考えるきっかけにして頂けると嬉しいです。
自分で考えて自分の結論を持つことは、人生に「納得」をくれます。人の答えでは納得は得られませんね。

納得して行動すると、そこに「責任」が生まれます。この「責任」こそ自信に繋がっていきます。
是非、思考を止めず、「私なら」という視点で見て頂けると幸いです。

なお、動画ではのびのびと自由に語っています。
上っ面をなでるような曖昧な言い回しや、気を使った話し方は敢えてやめました。
その時は傷ついても落ち込んでも腹が立っても、後から考え直しをしてもらえるよう本当に思っている事を私の言葉で語りました。
せっかく時間を取って見て頂いたのに、なんの印象も残らないようでは申し訳なくて夜も眠れません(笑)。

なので、あくまでも「母さんの意見」という事で見てもらえるといいかと思います。
「私なら」を考える入り口にしてくださいね。

という事で、今日は私のYouTube動画をご紹介しました。
実は第2弾を編集中です。お楽しみに♪

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。
ではまた。

(Visited 41 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です